食べる 買う 暮らす・働く

バリ島ウブド在住者に人気のカフェ「Cafe Vespa」がリニューアル

リニューアルした「Cafe Vespa」店内の様子

リニューアルした「Cafe Vespa」店内の様子

  • 9

  •  

 バリ島ウブドの中心から車で約5分、プネスタナン・カジャ村にある「Cafe Vespa 」(Jl.penestanan kaja sayan ubud、TEL 082145611015)が2月18日、モダンな内装と新メニューでリニューアルオープンした。

バリ島ウブド在住者に人気のカフェ「Cafe Vespa」がリニューアル

 2011年12月にオープンし、今年で10周年を迎える同店。店内は「おしゃれなコンテンポラリー(現代的)」をテーマに木の温もりを感じる落ち着いた雰囲気に改装した。

[広告]

 メニューはフードとドリンクで約100種類。ホームメードヨーグルトや自家製パン、ケーキやアイスクリームも手作りにこだわり、新メニューはインド人のシェフが作るラム肉を使ったカレーメニューが登場。人気は「Lamb keema dosa」(8万2,000ルピア=約620円)。ラムのひき肉を使ったキーマカレーとドーサ。ドーサは南インド発祥の料理で、米とレントル豆を発酵して薄く延ばし焼いたクレープ状のもの。他にもリクエストが多かった抹茶アイスや抹茶ラテ(3万ルピア=約230円)なども新メニューに加わった。

 オーナーのウッドゲイト美穂さんは「以前は観光のお客さまと在住の方の割合は半々ぐらいだったが、今はコロナの影響で、観光のお客さまはほとんどいない状態。在住のお客さまは常連も多く、だからこそ味には厳しい。レストランレベルのクオリティーをカフェで提供し、他の店では食べられない当店オリジナルの料理を心掛けている」と話す。最近はヘルシーな食材として米粉ヌードルやキムチの人気が高まってきていることから、それを取り入れたサラダも作った。トレンドやニーズに合わせ、半年ごとにメニューの見直しも欠かさないという。

 お店ではインドネシア産のトラジャ、アチェ、キンタマーニの3種類を独自でブレンドしたコーヒー豆「white dog coffee」も販売している。このオリジナルブレンドコーヒーを目当てに来る客も多い。

 今後はオープンスペースの空間を生かし、ムービーナイトなどのイベントも企画している。

 営業時間は9時~21時。バリの祝日(ガルンガン、クニンガン、ニュピ)は休み。

  • はてなブックマークに追加