食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

日本語も堪能なムダナシェフ、バリ島サヌールでクッキングクラス再開

ムダナシェフが鶏肉を蒸しているところ

ムダナシェフが鶏肉を蒸しているところ

  • 7

  •  

 高級ヴィラ運営のカユマニスグループでエグゼクティブシェフを長年勤め、オーストラリアや日本などへ招待を受けレストランの料理監修役としても活躍しているシェフのMudanaさんのクッキングクラスが2月7日、サヌール(Chef Mudana cooking class Sanur/Jl, Betngandang1 No,25 Sanur Bali)で再開された。

日本語も堪能なムダナシェフ、バリ島サヌールでクッキングクラス再開

 Mudanaさんは日本のレストランでフードコーディネーターとして活躍した経歴を持ち、日本語も堪能。以前はクッキングクラスを主催する傍らワルンを経営しハイクラスなインドネシア料理を提供していたが、コロナ禍で営業できずにいたが、スタッフを抱えていることもありクッキングクラスを再開する運びとなった。

[広告]

 今回の教室のメニューは、バリ料理のベースとなるいろいろなスパイスのペーストから始まりサンバルマタ、アヤムベトウトウ、サテリリット、スープ、ウラッブ、サンバルウダン、デザートまでのダダールグルンの全7品。これにバリコーヒーと紅茶が付き、通常60万ルピアのコースを15万ルピアで提供した。

 10人の定員が早々に売り切れ好評だったことから、今月21日に2回目のクッキングクラスを開く。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース