食べる 暮らす・働く

ウブドの老舗レストラン、スタッフ救済のため星空カフェ みそラーメンを110円で

「Dua Teko(ドゥアテコ)」星空の下の店の様子

「Dua Teko(ドゥアテコ)」星空の下の店の様子

  • 83

  •  

 バリ島ウブドのプリアタン村に8月30日、「Dua Teko(ドゥアテコ)」(Jl Raya Goa Gajah Teg-es Kanginan Peliatan TEL 081237736321)がソフトオープンした。

ウブドの老舗レストラン、スタッフ救済のため星空カフェ みそラーメンを110円で

 店名の「Dua Teko」は2つのティーポットを意味するほか、ジャワ語で「子どもが2人」という意味もある。

[広告]

 店はジャワの古民家風、開放的な緑に囲まれた庭のテーブルで夕映えや星空を眺めながら、ゆったりとお茶や食事が楽しめる。コーヒーはバリ島キンタマーニ産、料理メニューはみそラーメンや冷やし中華、さらにはツナマヨずしと日本食をそろえ、値段はいずれも1万5,000rp(約110円)。

 オーナーのユディさんは「1987年から、ウチはウブドの人気通りモンキーフォレストで「DIAN(ディアン)」というレストランを営業している。しかし、新型コロナによって3月から休業。長年店で一生懸命働いてくれていたスタッフ救済のため、共にコロナを生き抜くために何か始めなくてはと5月に星空カフェの建設をスタート。やっとプレオープンすることができた」と話す。

 店の調理器具や照明、テーブルや椅子はコロナで閉店中のディアンレストランのものを使用。夜にはライトの美しい光が広がり「居心地のいい空間」に仕上げた。

 店主は、「まだバリ島は国外からの観光客の受け入れが規制されている。今は地元の家族連れや若者にも気軽に来てもらえるよう、コーヒーも料理も1万5,000rp(およそ110円)のメニューを多く用意している。大変な時期だが何とかスタッフと苦境を乗り越えたい」と思いを語る。

 正式オープンは9月5日。営業時間は16時~21時。コロナで営業時間は短縮中。コロナが収まれば23時まで営業予定。

  • はてなブックマークに追加